扁桃炎をそのまま放置していると危険です

危険のイメージ

扁桃炎はそのまま放置していると危険で、慢性扁桃炎になることがあるので注意が必要です。
悪化すると入院し切除するための手術を受けることもあります。
昭和40年代頃までは大きいと積極的な手術がすすめられていました。
手術した後出血するようなケースが見られたこともあり、手術件数は減少傾向にあります。

現在3才以降は切除した後細菌を殺す抗体である免疫グロブリンの量が低下するだけで、免疫力の低下は認めない考えが主流になっています。
扁桃組織はいろいろな作用があり外からの細菌や異物などを予防する免疫作用を持っていて、学童期以降口蓋扁桃がなくなったからと言っても免疫力や抵抗力などが低下することはありません。
尚、3才以下の場合は手術を行うと周りの扁桃組織が増える代償性肥大になることもあり、高度な呼吸障害などが起こらないかなどしばらく経過を見ていきます。

小学校に入学する頃、急性扁桃炎のレベルや耳・鼻、気管支の影響などを判断し手術のメリット・デメリットなどを考慮することが可能です。
中年期以降になると睡眠する時に筋緊張などが低下したり、肥満傾向も現れるので睡眠時無呼吸などの原因になりやすい特徴があります。
年齢による免疫力低下から慢性扁桃炎などの傾向があり、喘息体質の場合は全身麻酔を行ってもよいかどうかを確認していきます。

手術の可否について障害のレベルや年令などを考慮し、総合的に判断しなければいけません。
アメリカでは積極的に切除が行われている傾向があり、日本よりも手術件数が多いことがあげられます。

扁桃炎を放置しておくと痛みをずっと伴ったり、悪化するといろいろな病気と合併する可能性があるので非常に危険です。
早期発見することによって痛みを解消することができ、重篤な病気を予防することができます。
喉は病原菌が集まりやすい部位になるので、日頃からのケアが大切です。
水や生理食塩水などでうがいをしたり、鼻孔をきれいにしておくと良いでしょう。

手術するといろいろな症状を改善できます

扁桃の手術が必要な場合はいくつかあり、例えば扁桃腺肥大などの大きな時があげられます。
睡眠中に息苦しかったり、イビキが大きいなどの睡眠時呼吸障害などにも注意が必要です。
いつも口を開け集中力が低下していたり、食が細いなどもあるでしょう。
幼児期の歯並びなどの顎や顔の発育にも悪影響があります。

炎症が強い場合も手術が必要で、口峡炎(アンギーナ)と呼ばれている高熱などが出るので風邪を引きやすかったり、学業や仕事などにも影響するかもしれません。
扁桃周囲炎や扁桃周囲膿瘍といった高度な炎症を年2回以上繰り返したり、風邪や体調不良などで免疫力が低下する際微熱が出やすいです。
中耳炎や副鼻腔炎などが反復したり難治な場合もあるでしょう。
膿のかすができやすくなるので、このような症状が現れると手術を検討することをおすすめします。
特に腎炎や皮疹といった病巣感染の原因になるので、腫瘍が疑われたり溶連菌の保菌者で腎臓といった他の臓器に影響の恐れがあると注意が必要です。

手術方法として、全身麻酔を行い口の中から扁桃腺を除去します。
入院期間は1週間ぐらいで、総合病院の耳鼻科などで利用することが可能です。
4才以上だと周囲組織が働きを補い、体への悪影響はないのですが小学校に入学する前の症状を考慮して、手術の適否などを判断します。

基本的に手術は急性炎症などがない時に受けますが、但し膿瘍扁摘を行うケースもあるでしょう。
扁桃縮小手術の場合、扁桃肥大などによるイビキや、習慣性扁桃炎の反応が軽減することが可能です。
また、扁桃膿栓症の膿栓付着などを軽減することができ、高周波電気を使って扁桃表面を凝固していきます。

リンパ組織の瘢痕収縮作用から1回で扁桃腺が半分ぐらいに縮小することが可能です。
日帰り手術を利用することができるので便利です。
扁桃腺に急性炎症などがないなら、翌日や一週後に再診することがあるでしょう。