喉のつらい扁桃炎の時に選ぶべき食事の種類

サラダとナイフ

熱で頭がボーっとしたり、倦怠感を感じたりと、扁桃炎を発症すると全身に体調の悪さを感じますが、何よりも苦痛なのは食事の時ではないでしょうか。
不調箇所の中でも特にメインになるのは、扁桃炎で炎症を起こしている喉へのダメージが最も大きくなります。

何も食べないと力がますます出なくなりますし、エネルギーチャージができないと、回復もその分だけ遅くなるばかりです。
そこで扁桃炎の時こそ無理なく食べられる食べ物をチョイスしたいものですが、ゼリーであればそれほど喉に苦痛を感じる心配もありません。

おすすめなのはフルーツ系のゼリーです。
ビタミンや繊維質などの栄養も含まれていると、喉を通りやすくカロリー摂取ができるだけではなく、回復に必要な栄養も摂取ができます。
プルプルで柔らかくて、ツルッと喉を通っていくので食べるにしても負担になることがありません。
また水分がほとんどですから大変柔らかいですし、口当たりも喉に触れる感触も穏やかであり、飲み込みやすいのも嬉しいでしょう。
特に痛みが強くなっている時には、固形物をバクバクと普段通りに食べるのはもはや無理ですから、ピューレ状になっていたりゼリー状になっている食品が合っています。

味わいとしては酸味が強すぎたり、刺激の強すぎるようなタイプは避けて、フルーツ風味などマイルドなおいしさで刺激がない種類を選択することです。
また中には食感の若干硬い食材を含むタイプもありますが、扁桃炎の時には喉の炎症を悪化させてしまう固形物を含まない、甘いシンプルなゼリーを選ぶようにします。
普段であれば甘いものは避けてダイエットに励む人でも、扁桃炎の時は食欲も落ちますので、甘いゼリーでのカロリー摂取をして、早く回復をさせる方が先決です。

ほかにもおすすめとなるのはスポーツドリンクです。
ミネラルや水分を効率的に体内へと補うことができます。
ゼリーさえも喉に刺激になる時などは、高カロリーなスポーツドリンクは失われていくカロリー摂取にも最適です。

腸内環境を良好に向かわせるヨーグルトもピッタリ

だるさが取れなくなって熱も高まり、頭はボーっとして常に喉には違和感のある状態の続く扁桃炎の時には、食事をとるのも苦痛でしかありません。
食べ物が喉を通過するのがもはや痛いですし、熱も出てくるのでさほど食欲もわくことが無いです。

しかし人間は口から摂取をする栄養で健康へ回復をさせる生き物ですから、全く食べないままでは体力が落ちてしまいます。
そこでおすすめはヨーグルトであり、90%の成分は水分ですから喉の通りは大変良いです。
飲み込みやすさで言っても文句のつけようがありませんが、ヨーグルトには豊富な栄養素が含まれています。

たっぷりのビタミンにミネラル成分をはじめとして、糖質の炭水化物に動物性脂肪となる飽和脂肪酸も豊富です。
カルシウムといえば牛乳とすぐに頭に浮かびますが、その牛乳を上回るカルシウム量を含有しています。

ほかにもカリウムなどのミネラル成分も多く、豊富な栄養素は低下をしている抵抗力を高めてくれる存在です。
一般的な健康知識としてもヨーグルトの摂取をすることで、乱れやすい腸内の環境を整えてくれることは知られています。

実は人間の免疫の多くは腸内で作られているので、腸内が乱れていては免疫力を回復させるのは困難です。
適度なヨーグルトの摂取をすることで、腸内の環境は緩やかに回復へと向かいます。
イコールで低下をしていた免疫力は高まりますので、扁桃炎を回復させるためにも一役買ってくれます。

ダイエットの時にもヨーグルトの摂取をしますが、便秘状態の改善にも良いためであり、これも腸内環境を良くして免疫力を高める要素です。
大腸の善玉菌のエサになって、悪玉菌が優位な状態から、善玉菌が優位な状態へと導きます。