クラビットは扁桃炎はもちろん他の病気にも有効的です

クラビット(レボフロキサシン)はいろいろな細菌を殺菌する治療薬です。
細菌が原因になっているさまざまな病気に利用することができ、扁桃炎や性病などにも使用することができます。
感染症は病原微生物が人体に侵入し、いろいろな悪さを行う病気です。

例えば腫れや発赤・痛みなどを生じることがあり、人に苦痛や不快な症状をもたらすことが多いです。
この病原微生物には細菌やウイルス・カビなどが含まれていて、治療薬が有効なのは主に細菌による感染症になります。
グラム陽性菌や陰性菌、性病の原因でもあるクラミジアにも有効的で、病原菌が死滅すると腫れや痛みなどが改善し解熱することが可能です。
尿路感染症や呼吸器感染症、皮膚感染症や扁桃炎などに広く用いられています。
インフルエンザなどの一般的なウイルス風邪には無効ですが、細菌からの二次感染時や予防のためによく服用することがあります。

クラビットは細菌の遺伝情報物質DNAの複製を予防することができ、殺菌的に作用することが可能です。
特徴としてレボフロキサシンなどのニューキノロン抗菌薬で、以前の抗菌薬と比較すると抗菌力が強くさまざまな細菌に利用することができます。
飲み薬では治療が難しかった感染症にも効果を発揮することができ、副作用が少なくペニシリンやセフェム系の抗生物質などにアレルギーを持っている人でも使用することが可能です。
ニューキノロンの中で特に抗菌活性が強いことがあげられ、呼吸器感染症治療に適しています。
抗菌スペクトルが非常に広く呼吸器感染症の原因菌である肺炎球菌など、ペニシリン系の抗生物質が効きにくいような肺炎に対して有効性を示しています。

尚、服用方法としててんかんなどの病気がある人は注意が必要です。
妊娠中の人や小さい子供は基本的に用いません。
クラビットの服用方法にはいくつか注意することがあるので、事前に医師と相談しもし現在服用している他の医薬品があるなら併用してよいかどうか確認することをおすすめします。

飲み合わせに注意しましょう

クラビットの服用方法として、飲み合わせや食べ合わせに注意が必要です。
フルルビプロフェンやフェンブフェンなどの鎮痛薬と併用すると、けいれんなどを起こしやすくなるので注意しましょう。
アルミニウムやマグネシウムを多く含む胃腸薬と同時に飲むと、薬の効果がダウンすることがあります。
飲み合わせに注意することは鎮痛薬(NSAID)や胃腸薬、鉄剤やワルファリンなどがあげられますので、医師と相談しながら服用することをおすすめします。
扁桃炎や性病などの症状によっては飲み方がやや違いますが、基本的に1錠を1日2~3回服用します。
医師が指示した期間をきちんと続け、症状によっては長めになるかもしれません。

クラビットはブドウ球菌属やレンサ球菌属、肺炎球菌や淋菌、炭疽菌や大腸菌などに効果を発揮することができ、錠剤として250mgや500mgがあります。
疾患や症状などに応じて適宜増減することが可能です。
副作用は少なく安心・安全に飲むことができますが、発疹が出たり胃が痛むことがあるかもしれません。
下痢が続く場合は早めに病院に受診することをおすすめします。

クラビットは扁桃炎などによく利用されている人気のある医薬品ですが、インターネット通販を使って個人輸入サイトから購入すると便利です。
ネット通販を利用すると世界中の医薬品を購入することができ、個人輸入業者が代行して購入してくれます。
海外製のジェネリック医薬品などを購入することができ、リーズナブルな料金で注文することが可能です。
医師から処方された医薬品で安全性などを確かめ、次回からネット通販を利用している人が多く常備薬として購入している人がいます。