アイコスにすれば扁桃の炎症は抑えられるのか

アイコス

アイコスは普通のタバコに比べて健康に良いとされていますが、扁桃腺が腫れやすいという噂も流れています。
それは本当なのでしょうか。
タールや一酸化炭素がほとんどない状態にされているアイコスは健康に良いので扁桃腺にも良いというのが普通考えられます。
扁桃腺が腫れてしまう可能性は低下するので、アイコスの本領が発揮されるとも考えられるのです。
タバコを吸うことによって本当に扁桃腺の腫れに影響があるのかどうかということについて考えていきましょう。

タバコの三大有害物質といえばタール、ニコチン、一酸化炭素の3つですが、これが悪い影響を扁桃腺に及ぼしているということが考えられます。
まず扁桃腺とは、喉に侵入してくる悪い物質をキャッチする器官なのでタバコを吸うことによってタールが扁桃腺の粘膜に付着しやすくなり、すなわち炎症を起こしやすくなるのです。
ニコチンも悪い物質ということで扁桃腺にダメージとなります。

喫煙者にはタバコの煙の吸いごたえがあることで美味しさを感じるものの、ニコチンは依存をもたらしてダメージを与えてしまうようなこともあり得ます。
それから一酸化炭素でも扁桃腺に悪い影響を及ぼしているということも考えられます。
タバコを吸うことで一酸化炭素が発生し、それでビタミンCが破壊され体の免疫機能などが低下しやすくなってしまうと考えられます。

そういった点から考えればやはりアイコスの方が腫れにくいということが言えるでしょう。
なぜならアイコスならばニコチンは含まれているとはいえ、タールや一酸化炭素のほとんどが削減されているからです。
タバコをやめ扁桃が腫れなくなったというような声もたくさん上がっているのも事実。
体調も良くなったりしてアイコスは健康に効果的だということが考えられます。
逆にアイコスにしたせいで腫れてしまったという喫煙者は、おそらくアイコスが原因ではなく、他の生活環境などの影響によるものということが大きな原因と考えても良いでしょう。
有害物質をカットする効果があるアイコスならば扁桃炎になりやすい人もそれを抑えることができるのです。

アイコスにして予防や改善になったという声がたくさん

予防や改善になることは一目瞭然ですが、実際にそのような声がたくさんあります。
Twitterなどを調べても「紙巻きを辞めてから扁桃炎にならなくなった。すこぶる体調が良くなりアイコスにして良かった」という声や、「体質的に扁桃腺がある人はアイコスにして楽になるということを聞いてアイコスにしました」とか「アイコスのおかげで扁桃炎にならずにすんでいる」といった喜びの声がたくさんあります。
やはりタールや一酸化炭素の影響が大幅にアイコスの場合軽減するということが言えるでしょう。
扁桃腺が体質的に腫れやすい人には特にタバコの影響というのは大きなものなのでぜひアイコスにするのがおすすめと言えます。

それでも扁桃炎になってしまったような人たちはあまりにもニコチンに対して弱く、体質に合っていないため腫れてしまうということが考えられます。
一酸化炭素は軽減されていてもアイコスはニコチンは大量にあるので、それが原因で腫れてしまう場合も体質によってはあります。
しかし大方の場合は腫れなくなるということが考えられるでしょう。
それぞれの体質によって扁桃炎になりやすい人やなりにくい人がいるということは確かです。

とりあえず通常のタバコよりは明らかに扁桃腺に良い影響をアイコスが与えることは間違いないので、炎症に悩んでいる人は、ぜひアイコスをまず合うのか合わないのか試してみると良いでしょう。
もしも合うのならば扁桃腺のみならず様々な点で健康効果が期待できるということもおすすめの理由になります。
使用方法などをよく守り、アイコスライフを楽しむようにしましょう。
また人によっては紙巻きと併用することによって本数を減らしたり喉への悪い影響を減らしたりすることもできるのでおすすめです。